日経ビジネス 2005/12/05号

有訓無訓 人
PRは公益への寄与 マスコミ対策ではない ハロルド・バーソン[米バーソン・マーステラ創業者、会長]

企業や団体のPR活動をお手伝いする米バーソン・マーステラを私が創業したのは1953年でした。それから50年以上が経ちました。この間、PRに関して変わったこともあれば、変わらなかったこともあります。 変化の1つは、PRを「コミュニケーション」と呼ぶようになったことです。コミュニケーションは確かに重要です。ただし、それはPRの仕事の半分に過ぎません。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1418文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
米バーソン・マーステラ社
update:19/09/24