日経ビジネス 2005/12/05号

技術フロンティア フィーチャー
ホログラム方式の光ディスク オプトウエア、日立マクセル 次世代DVDより大容量

 音楽や映像などのデータを記録する光ディスクの分野で、CDやDVDに次ぐ第3世代の技術として最も注目されているのは、HD DVDやブルーレイディスクだろう。ハイビジョン映像を長時間記録できるが、本格普及を前に規格の統一は難航している。その陰で、さらに10倍以上も多くのデータを記録できる第4世代光ディスクの研究開発が静かに進められている。(130〜132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3831文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
【記事に登場する企業】
オプトウエア
日立マクセル
update:19/09/24