日経ビジネス 2005/12/19号

技術フロンティア フィーチャー
地球深部探査船 海底から7000m掘削
海洋研究開発機構、三菱重工業、三井造船

 地震の予知は可能か。例えば、これまで約90〜150年間隔で発生しており、近い将来に再び起こるとされる南海トラフを震源とする巨大地震に、前兆となる現象はあるのか。こうした議論に、最終的な決着をもたらすかもしれない新たな船が完成した。 今年7月29日、三菱重工業長崎造船所で地球深部探査船「ちきゅう」が竣工し、海洋研究開発機構に引き渡された。(108ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4067文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 船舶
【記事に登場する企業】
海洋研究開発機構(JAMSTEC)
三井造船
三菱重工業
update:19/09/24