日経ビジネス 2005/12/26号

第2特集 P&G 25億人に売る力 「グローカル」 第2章
2. 販売 価格競争と無縁の“協業”

 P&Gの成長を支えているのは、消費者ニーズを徹底的に吸い上げるマーケティングだけではない。作り上げた商品の売り方、問屋や小売店とのつき合い方にも独自の工夫がある。そのポイントを一言で言えば、「より高い次元での顧客との協業」だ。 栃木県上三川町にある大型ホームセンター「ジョイフル本田宇都宮店」。(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2748文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 P&G 25億人に売る力 「グローカル」 起こし、第1章(60〜63ページ掲載)
P&G 25億人に売る力 「グローカル」極める3つの戦術 1. マーケティング 変化自在「商品の現地化」
第2特集 P&G 25億人に売る力 「グローカル」 第2章(64〜65ページ掲載)
2. 販売 価格競争と無縁の“協業”
第2特集 P&G 25億人に売る力 「グローカル」 第3章(66〜68ページ掲載)
3. 組織 なりふり構わぬ外注化
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
米プロクター・アンド・ギャンブル社(P&G)
update:19/09/24