日経ビジネス 2005/12/26号

本 話題の書●パーソナルライフ 日本の「覚悟」
『日本の「覚悟」』

 著者は保守本流の立ち位置から、我が国の内政・外交に見え隠れする曖昧さを厳しく糾弾している国際政治学者である。本書では小泉政権の“罪”の部分を論じ、対中国及び対北朝鮮の弱腰外交に活を入れる。また、国際情勢の急激な変化は日本国民に核武装の「覚悟」を迫っていると主張する。(133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:412文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > その他(政治)
update:19/09/24