日経バイト 2006/01号

BYTE Report セキュリティ最前線
ソニーBMGの音楽CDにルートキット 不適切な対応が事態をより深刻に

 11月は,米Sony BMG Music Entertainment(以下,ソニーBMG)の音楽CDに関するニュースが継続的に報じられた。IT Proでも一部報じた(表1の10位)。音楽CDに含まれるコピー防止ソフトが「ルートキット(rootkit)」の技術を使っていたためである。ソフト自体は“無害”だが,その機能を悪用すれば,ウイルスなどがその存在を隠すことができる。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3301文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
米ソニーBMGミュージックエンタテインメント社
update:19/09/25