日経PC21 2006/02号

特集3 デジカメ「失敗写真」撃退法 PART2
色や明るさを手動で補正すれば自然な絵に
PART2

 明るい場所で撮影したのに画面が薄暗い、パーティー会場で撮影したら色が変になった、フラッシュを使ってもきれいに撮れない——デジカメで写真を撮る中で、こうした不満を感じた経験がよくあるだろう。 カメラの自動化が進んだ結果、以前はマニュアル設定していた調整項目をすべてカメラ任せにして、人は構図や撮影のタイミングを決めることに集中できるようになった。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4223文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
update:19/09/25