日経ビジネス 2006/01/16号

時流超流・トレンド
独走松下をソニーが猛追撃 北米テレビ戦争、シャープは亀山第2前倒しへ

 トリノ五輪やサッカーワールドカップもある2006年は、米国で本格的な薄型テレビの普及が始まる年でもある。液晶とプラズマを合わせた薄型テレビの北米の市場規模は来年には日本の2倍以上の1800万台強に成長する見通しだ。 その米国でとりわけ目を引くのがソニーの快進撃。9月に液晶の新ブランド「ブラビア」を投入するや、わずか1カ月後には3割強のシェアを奪取。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1737文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > プラズマテレビ*
【記事に登場する企業】
シャープ
ソニー
パナソニック
update:19/09/24