日経ビジネス 2006/01/16号

特集 ドコモ失速、電機全滅 ケータイ大 国の幻 起こし、第1章
ドコモ失速、電機全滅 ケータイ大 国の幻想 2007年、生き残りへの死闘

 世界のどこより早く第3世代携帯電話を普及させ、その技術力で世界市場を席巻する。ケータイ大国ニッポンの目論見は幻想に終わった。旗艦のNTTドコモは失速し、端末メーカーは続々と赤字に転落した。 番号ポータビリティー制度や海外メーカーの本格参入で競争はさらに激化する。趨勢が決するのは2007年。生き残るのは何社か。熾烈なサバイバル戦の幕が開く。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7118文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ドコモ失速、電機全滅 ケータイ大 国の幻 起こし、第1章(26〜31ページ掲載)
ドコモ失速、電機全滅 ケータイ大 国の幻想 2007年、生き残りへの死闘
特集 ドコモ失速、電機全滅 ケータイ大 国の幻 第2章(32〜35ページ掲載)
忍び寄るケータイデフレ
特集 ドコモ失速、電機全滅 ケータイ大 国の幻 第3章(36〜39ページ掲載)
ビジネス市場も外資が攻勢
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機*
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機*
update:19/09/24