日経ビジネス 2006/01/30号

緊急特集 第2章
マネーゲームこそ事業の中核 敵に学び儲けるリベンジ型ビジネスモデル

 ライブドアがグループを挙げて推進した「時価総額拡大経営」の核心はマネーゲーム——。堀江貴文社長ら幹部4人が逮捕された証券取引法違反事件では、同社の錬金術の実態が捜査当局の手で明らかにされるだろう。 その舞台の1つが連結利益の最大の柱となっているファイナンス部門の中核、ライブドア証券。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2486文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
ライブドア証券
ライブドアホールディングス
update:19/09/24