日経ビジネス 2006/01/30号

第2特集 世界経済の守護神交代 第3章
モノづくり忘れた金融大国に試練

 世界経済運営のカリスマが退任するその年に、米ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターに経営危機が迫っている。20世紀を引っ張ってきた自動車産業の雄が、連邦破産法11条の適用を申請するかどうかで揺れている姿は、活況に沸く米国経済の矛盾を映している。議長交代とGM危機 GMとフォードはこの10年間で米国工場の生産能力を計100万台減らした。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2853文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 世界経済の守護神交代 起こし、第1章(52〜55ページ掲載)
世界経済の守護神交代 特別寄稿 グリーンスパンが残した教訓 グレッグ・イップ 氏[米ウォールストリート・ジャーナル紙シニアスタッフライター]
第2特集 世界経済の守護神交代 第2章(56〜57ページ掲載)
インタビュー アラン・ブラインダー 氏[プリンストン大学教授、FRB元副議長]バーナンキはより透明に運営
第2特集 世界経済の守護神交代 第3章(58〜59ページ掲載)
モノづくり忘れた金融大国に試練
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24