日経ビジネス 2006/02/06号

時流超流・トレンド リアルチャイナ
住宅バブル 防ぐ金融カギに 田中直毅氏[21世紀政策研究所理事長、経済評論家]×胡 祖六氏[ゴールドマン・サックス・アジア マネジングディレクター、清華大学中国経済研究センター主任]

 田中 私は、2006年の中国経済はとてもデリケートな局面を迎えると見ています。過去1年半ほど、中国は過熱した経済の調整過程にありました。過熱を適切に抑え込むのは、中国では非常に難しい。景気調節に当たって、政府が通常の金融政策の手段に頼ることができないからです。 過熱調整の過程を通じて、中国の基準金利(6カ月物)はわずか0.18%しか上がっていません。(12〜14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4037文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:19/09/24