日経ビジネス 2006/02/06号

時流超流・トレンド 株価が語る 注目!新興市場——最終回
アンジェスMG バイオ株の指標銘柄となるか
証券コード(4563)

 遺伝子治療薬を開発するアンジェスMGの株価が昨年10月以来、じり高となっている。それまで60万円台だった株価は一時90万円を超えた。年明け後はライブドア騒動もあって一時75万円まで下げたが、押し目買いが集まり80万円台に戻している。 アンジェスをはじめバイオ関連株は通常、新年の有望株として注目されて年明けに一時的に上昇するが実績が伴わず、その後下がる傾向にある。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1555文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
アンジェス
update:19/09/24