日経ビジネス 2006/02/06号

投資のツボ 株価チャートの使い方——1 パーソナルライフ
株価の動きから投資家心理を探る

 今回から株式投資を行う際に個人投資家の武器の1つになるテクニカル分析の基本と使い方を紹介していきたい。株価の動き方を見ることが投資の参考になるのは、そこに投資家の心理が反映されるからだろう。例えば、ある銘柄の株価が上昇を続けて相当に高くなったとする。 すると、投資家の中には「そろそろ天井圏(その局面での高値水準)にきた」と考える人が増えてくる。(91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1366文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
update:19/09/24