日経ビジネス 2006/02/06号

企業業績展望 フィーチャー
主役交代で“再点火” 鉄鋼後退、電機復活、4期連続2ケタ増益へ

 1月17、18両日で日経平均株価を900円以上も暴落させたライブドアショック。昨年夏以降、上昇を続けた株価はまさに冷や水を浴びせられた格好となった。だが株価の調整は短期間で終わり、再び強い上昇に転じる動きを見せ始めている。 株式相場が市場を揺るがす激震を乗り越える原動力となったのは、好調な企業業績にほかならない。(108〜112ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7273文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
update:19/09/24