日経ビジネス 2006/02/06号

欠陥住宅問題 フィーチャー 開いたパンドラの「箱」——下
住宅性能表示も空回り 求められる良質な中古住宅市場
開いたパンドラの「箱」—— 下

 姉歯秀次・元一級建築士によるマンション耐震強度偽装が発覚して以降、「自分のマンションは大丈夫だろうか?」と不安を感じた人は少なくないだろう。昨秋、東京都内に新築マンションを購入した30代の会社員、安藤敏行さん(仮名)もその1人だった。 思い返してみると、購入時には販売業者から様々な説明を受けた覚えがある。(130〜132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4570文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 不動産事業 > 不動産事業の市場・業界動向
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
update:19/09/24