日経メディカル 2006/02号

トレンドビュー 4
「健診で医療費抑制」への疑問医療制度改革の柱とするも根拠足りず

 政府は、生活習慣病の健診・保健指導の強化によって医療費の伸びを抑制する方針を立てた。しかし、その効果は疑わしい上、目標を達成させられなかった場合、診療報酬の削減にまで発展しかねない。 医療制度改革の“目玉”の一つとして位置付けられる、医療費適正化計画。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2504文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27