日経メディカル 2006/02号

特集1
 喘息治療これが新常識

 ガイドラインの改訂を機に、吸入ステロイド薬が主役の座をさらに揺るぎないものにした喘息治療。小児ではテオフィリン製剤の位置付けが後退し、選択肢が狭まる中でのコントロールが求められている。一方、成人では、“名脇役”としての評価が高まる長時間作用性吸入β2刺激薬などを生かしつつ、いかにシンプルで効果的な治療を進めるかが鍵となる。(38〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9583文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1(38〜47ページ掲載)
 喘息治療これが新常識
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27