日経メディカル 2006/02号

医事紛争対策マニュアル
証人に呼ばれて拒否したら新たな訴訟の火種にも

■相談メモ 肝臓病が専門の病院勤務医です。子宮癌の化学療法中に劇症肝炎を起こした患者が転送されてきて、治療の甲斐なく亡くなりました。化学療法を行っていた前医が遺族に訴えられ、私自身も証人として出頭するよう、遺族から裁判所を通じて要請されています。(140〜142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3839文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/09/27