日経メディカル 2006/02号

新着情報 診察室の道具箱
患者用マスク

構造に特色を持たせ、複数のサイズをそろえた商品が、花粉症シーズンに合わせて登場している。 2月は感冒やインフルエンザといった感染症に加えて、花粉症の患者が外来に殺到する時期。 今シーズンの花粉飛散量は、爆発的に多かった昨シーズンに比べて少なめと報じられているものの、患者にとってマスクは必需品だ。(169ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1050文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
update:19/09/27