日経エレクトロニクス 2006/02/13号

Interview
徹底強化の真意 NANDはDRAMの 二の舞にしない NANDはDRAMの 二の舞にしない

——東芝のメモリといえば,最も聞きたいことがDRAMの教訓です。2001年のDRAM撤退で得た教訓を,どうNAND型フラッシュ・メモリに生かしますか? NANDでDRAMの二の舞は演じません。そうならない理由が4つあります。第1に市場のすそ野の広さです。DRAMはパソコンやサーバ向けが需要の大部分でした。(107〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4101文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
【記事に登場する企業】
東芝セミコンダクター&ストレージ社
update:19/09/26