日経アーキテクチュア 2006/02/27号

特集 構造技術者の転機
構造技術者の転機
広がる役割変わる意匠との関係

 構造計算書偽造事件を契機に、構造技術者の存在が広く一般の人にも知られるようになった。霞が関ビルや東京ドームのように構造技術の革新がなければ成立しなかった建物でさえ、世間の認知が広がらなかった構造技術者という存在が、前代未聞の事件によってにわかにクローズアップされている。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1213文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 構造技術者の転機(8〜9ページ掲載)
構造技術者の転機
特集 構造技術者の転機(10〜13ページ掲載)
設計やコストを管理して構造技術の可能性を広げる
特集 構造技術者の転機(14〜15ページ掲載)
一般向けの構造説明業務が増加当たり前になる第三者チェック
特集 構造技術者の転機(16〜19ページ掲載)
専門知識と合理的思考でPMなどに職域を拡大
特集 構造技術者の転機(20〜23ページ掲載)
小事務所ほど低報酬権限・地位向上を望む
特集 構造技術者の転機(24〜25ページ掲載)
調査●建築確認検査機関の現状
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:18/07/30