日経ビジネス 2006/03/06号

時流超流・トレンド
社長退陣求める大株主の糸山英太郎氏が胸中を語る 日航は大胆なリストラが急務

 グループ会社役員が、新町敏行社長を含む代表取締役3人の退陣を要求した日本航空(16ページの囲み記事参照)。同社の4.05%の発行済み株式を持つ個人筆頭株主で、新日本観光会長兼社長の糸山英太郎氏は本誌のインタビューに応じ、「(新町社長をはじめとする)経営陣刷新で思い切った改革をしなければ(難局を)乗り切れない」と語った。(14〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3245文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
日本航空
update:19/09/24