日経アーキテクチュア 2006/03/13号

特集 “健康”を約束できる空間とは
改正建基法の効果と限界が浮き彫りに
シックハウス問題の現状と課題

改正建築基準法の施行を控えるアスベストの問題に対して、シックハウス問題では同法の効果がすでに表れている。半面、シックハウス問題では建基法だけで解決できないトラブルも目立ってきた。従来から指摘されている換気や建材を巡る問題に加えて、屋外工事の影響など新たな課題も生じている。 2003年7月に施行した改正建築基準法によって、F☆☆☆☆の建材は急速に普及した。(20〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5760文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 “健康”を約束できる空間とは(8〜9ページ掲載)
“健康”を 約束できる空間とは
特集 “健康”を約束できる空間とは(10〜11ページ掲載)
見逃せない社会認知度専門家としての備えが不可欠に
特集 “健康”を約束できる空間とは(12〜19ページ掲載)
法整備は進むも分析などに課題残る
特集 “健康”を約束できる空間とは(20〜23ページ掲載)
改正建基法の効果と限界が浮き彫りに
特集 “健康”を約束できる空間とは(24〜27ページ掲載)
測定や宿泊体験など品質確認の重み増す
特集 “健康”を約束できる空間とは(28〜30ページ掲載)
安全確保のために建て主の説得も必要
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:18/07/30