日経アーキテクチュア 2006/03/13号

ニュース 構造計算書偽造事件 国交省審議会が再発防
構造計算書偽造事件 国交省審議会が再発防止策の中間報告を答申第三者機関による構造審査は高さや規模で限定

 国土交通相の諮問機関、社会資本整備審議会建築分科会(分科会長:村上周三慶応義塾大学教授)は2月24日、基本制度部会がまとめた中間報告を了承し、北側一雄国交相に答申した。第三者機関による構造設計図書の審査、建築士に対する罰則や処分の強化、指定確認検査機関に対する処分の強化などによって構造計算書の偽造のような悪質な行為を防ぐとともに、保険制度などを活用してセーフ…(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1825文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
【記事に登場する企業】
社会資本整備審議会
update:18/07/30