日経ビジネス 2006/04/03号 別冊

特別編集版 経営の新常識 企業価値の守り方 特集
経営者の不正はなぜ起きる? ガバナンスを無にする人気、慢心、高報酬

 カリスマ、時代の寵児などと呼ばれて世間の注目を集めた名経営者が、なぜ、粉飾決算や株価吊り上げといった不正行為に自ら手を染めて破滅していくのか。どのようなメカニズムが、意欲に燃えた優秀な経営者を犯罪者に転落させてしまうのか——。 ボストン・コンサルティング・グループがこのような問題意識から実施した調査によって、いくつかの興味深いポイントが浮かび上がった。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4615文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
update:19/09/24