日経ビジネス 2006/04/24号

時流超流・トレンド
アイフル全店処分の必然 金融庁は消費者ローンの規制強化に舵

 消費者ローンのあり方を話し合う金融庁の有識者懇談会(座長は吉野直行慶応義塾大学教授)の議論が山場を迎える中、違法な取り立てを行っていたなどとして4月14日、アイフルに全店営業停止の処分が下された。懇談会への影響を狙ったとの見方が広がったが、金融庁は「懇談会は昨年3月からやっている。憶測だ」(市川健太・金融会社室長)と否定する。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1702文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
【記事に登場する企業】
アイフル
金融庁
update:19/09/24