日経ビジネス 2006/04/24号

本 新刊の森●パーソナルライフ バーナンキのFRB
米国の金融政策を予測する
『バーナンキのFRB』

 「ワシントンで大統領に次ぐ影響力を持つ人間」と言われるのが、米連邦準備理事会(FRB)議長である。今年2月、約19年間にわたって第13代議長を務めたアラン・グリーンスパン氏が退任、ベン・バーナンキ氏が第14代議長に就任した。グリーンスパン時代に世界が学んだ教訓は、議長個人の主義や哲学、ひいては人格が米国の金融政策を左右しかねないというものだ。(105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:636文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
【記事に登場する企業】
米連邦準備理事会(FRB)
update:19/09/24