日経ビジネス 2006/05/01号

時流超流・トレンド
“鮮度”重視で、売り場もメーカー別に変容 GW商戦、薄型テレビで激突

 大阪市にあるヤマダ電機のなんば店では、ポイント還元分も計算すると、例えば松下電器産業の42型プラズマテレビ「VIERA(ビエラ)」の新製品が実質34万円。新製品の発表時点で想定した価格よりも、発売当初から、いきなり25%も安い。年2回の一夜城作戦が浸透 鮮度重視の先手必勝——。 今年のゴールデンウイーク商戦に挑む各社の販売戦略は、一言でこう表すことができる。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3047文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > その他(AV家電)
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > その他(AV家電)
update:19/09/24