日経ビジネス 2006/05/01号

特集 社員が壊れ、会社が壊れる 憂鬱なオフィス 第2章
そして、社員は壊れる

 大手電機メーカーで研究開発の仕事に従事する浜野谷尚吾氏(仮名、30代後半)。彼のオフィスでは、2年ほど前にICカードを使ったセキュリティーシステムが導入された。“囚人”のような息苦しさは、その1枚のカードによる社員管理から始まった。 研究開発という仕事の性格上、社内の様々な部署との会議やちょっとした打ち合わせが頻繁にある。(34〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6012文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 社員が壊れ、会社が壊れる 憂鬱なオフィス(30〜31ページ掲載)
社員が壊れ、会社が壊れる 憂鬱なオフィス 何のための管理強化か
特集 社員が壊れ、会社が壊れる 憂鬱なオフィス 第1章(32〜33ページ掲載)
あなたは監視されている
特集 社員が壊れ、会社が壊れる 憂鬱なオフィス 第2章(34〜39ページ掲載)
そして、社員は壊れる
特集 社員が壊れ、会社が壊れる 憂鬱なオフィス 第3章(40〜43ページ掲載)
そして、会社も壊れる 闇雲な管理強化から脱却せよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/24