日経ビジネス 2006/05/08号

特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ
対中比較で見るインド経済

 同じ人口10億人を超す大国として、インドと中国は比較の対象になることが多い。経済、産業、日本との関わりについて、2つの国を比較してみた。 インドと中国の主要なマクロ経済指標を見た時、それぞれの特徴が最もよく表れるのがGDP(国内総生産)に占める投資と貿易(輸出入の合計)、消費の割合だ。 「世界の工場」である中国の貿易依存度は70.0%。(42〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2976文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ(26〜27ページ掲載)
誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケドする
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ part.1(28〜31ページ掲載)
購買力は本物か IT景気のウソ 金融緩和が消費を押し上げる
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ(32〜35ページ掲載)
記者が見た インド30日フォトリポート 歩いた、乗った、食べた 素顔のインド体験記
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ part.2(36ページ掲載)
ブームに踊らぬインド戦略 逆転の発想が成功のカギ
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ(42〜43ページ掲載)
対中比較で見るインド経済
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ part.3(44〜47ページ掲載)
日本企業を阻むベンガル湾の壁 ここは「アジアの欧州」だ
特集 誤解だらけのインド 「中国の次」ではヤケ 編集長インタビュー●人(48〜50ページ掲載)
鈴木 修 氏[スズキ会長兼CEO(最高経営責任者)] インドは後戻りしない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
update:19/09/24