日経エレクトロニクス 2006/05/08号

Selected Shorts
世界初のFED実用化などディスプレイの新技術が続々

 2006年4月,ユニークなディスプレイの新技術が幾つか公表された。パイオニアがフルHD対応の50型PDPを発表したほか,双葉電子工業がスピント型FEDパネルの量産開始を明らかにした。液晶パネルでは透過率の高いフィールド・シーケンシャル型や微細加工で反射率をほぼ100%にした反射型が登場した。(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:871文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > その他(ディスプレイ製品・技術)
【記事に登場する企業】
アルプス電気
東芝松下ディスプレイテクノロジー(TMD)
日立ディスプレイズ
双葉電子工業
update:19/09/26