日経ビジネス 2006/05/15号

本 新刊の森●パーソナルライフ 道路の決着
 民営化までの「闘い」の記録
『道路の決着』

 小泉改革の象徴とされた道路公団民営化。2005年10月、民営化した高速道路会社が発足するまでには壮絶な「闘い」があった。道路関係四公団民営化推進委員会委員として活動した著者が、内実を詳細に記す。 委員会は2002年にスタートしたが、民営化の組織形態などを巡って議論が紛糾。意見書(答申)は一本化できず、多数決で決める事態となり、今井敬委員長は辞任した。(87ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:619文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24