日経ビジネス 2006/06/05号

時流超流・トレンド
定年廃止は若手抜擢のため 日本マクドナルド、実力主義を鮮明に

 5月23日、日本マクドナルドは、「定年制を廃止する」と発表した。これまでは60歳が定年だったが、今後は社員が希望する限り、同社で働き続けることができる。ただし、高齢者の勤務形態や退職金制度などの詳細については未定だ。同社の平均年齢は33.7歳と“若い会社”だけに緊急の問題ではない側面もある。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1897文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
【記事に登場する企業】
日本マクドナルド
update:19/09/24