日経ビジネス 2006/06/05号

技術フロンティア フィーチャー
石炭ガス化 出遅れ日本、逆転の秘策
Jパワー、クリーンコールパワー研究所

 原油価格の先行きが不透明な中、石炭の需要が世界的に拡大している。米エネルギー情報局は、世界の消費量は2003年の約50億トンから、2010年には約60億トン、2020年には約70億トンへ拡大するとの見通しを示す。 石炭の魅力は、豊富な埋蔵量と値段の安さにある。2006年時点で、原油や天然ガスの可能採掘年数が40〜70年なのに対して、石炭は約200年に達する。(124〜126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4193文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
クリーンコールパワー研究所
電源開発
update:19/09/24