日経エレクトロニクス 2006/06/05号

Leading Trends
FTTHが牽引する光部品 姿を変えた光情報機器の試作が続々

 「今まで行ってきた通信事業者の基幹ネットワークに向けた研究開発はあくまで投資のようなもの。これからは家庭内での光通信装置が本当の稼ぎ頭になると期待している」——(ある光送受信モジュール技術者)。 FTTH加入世帯で利用する光電変換など光部品関連の新しい技術が次々と実用化,あるいは量産化に向けて動きだしている(上掲の写真および表1)。(63〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8393文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > 光回線接続サービス*
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > その他(光デバイス製品・技術)
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > 光回線接続サービス*
update:19/09/26