日経ビジネス 2006/06/12号

緊急特集 第1章
拝金エリート 村上世彰の誤算 本誌が見た市場退場までの全軌跡

 フジテレビジョンによるニッポン放送へのTOB(株式公開買い付け)に応じるかを尋ねると、自身のオフィスで村上世彰はそう言葉を濁した。フジがニッポン放送の子会社化を狙う中で、村上は18.57%のニッポン放送株を所有し、その去就が注目されていた。 村上がすぐTOBに応じなかった理由が明らかになったのは、それから4日後。(6〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4578文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
M&Aコンサルティング
update:19/09/24