日経ビジネス 2006/06/12号

緊急特集 第2章
村上倒れても「ファンド」は加速 経営再建から大型買収まで本番はこれから

 連日のように、この言葉がテレビなどで繰り返される中で、ファンドという言葉は一般名詞として誰もが知るようになった。それは、村上世彰という希有な個性抜きには考えられない。 村上が、昭栄の買収を目指して、TOB(株式公開買い付け)を発表したのは2000年1月。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3258文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
update:19/09/24