日経ビジネス 2006/06/12号

特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 起こし——2
飯島勲 首相秘書官が語る 小泉政権はこれからが正念場

 ガラス越しに見える中庭の優雅さとは裏腹に、息苦しいほど空気が張り詰めている。首相官邸。そこに入ると各扉を守る担当者が互いに目配せし、一糸乱れぬ連携を取りながら入所者を監視する。首相執務室と同じ5階フロアにある小さな部屋で待つこと数分。男は現れた。 小泉純一郎首相秘書官、飯島勲。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2339文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 起こし——1(30〜31ページ掲載)
破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の岩盤が改革を止める
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 起こし——2(32〜33ページ掲載)
飯島勲 首相秘書官が語る 小泉政権はこれからが正念場
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第1章(34〜37ページ掲載)
沖縄でも貫かれた官邸主導 基地という名の利権を壊す
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第2章——1(38〜41ページ掲載)
最後の聖域 官僚システム
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第2章——2(42〜45ページ掲載)
“民の代表”が気づいた官解体の限界
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第3章(46〜49ページ掲載)
チルドレンに見る小泉後への不安
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24