日経ビジネス 2006/06/12号

特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第2章——1
最後の聖域 官僚システム
教育改革/金融政府系

部俊樹政権下の1991年以来、9人の首相の下で15年以上にわたり規制改革に取り組んできたオリックス会長の宮内義彦。今も規制改革・民間開放推進会議の議長職にある。 官から民へ。小さな政府。小泉政権が目指したものを形にするうえで規制改革は大きなエンジンになってきた。宮内に「小泉政権への評価は何点ですか」と聞くと、「80点でしょう。(38〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4244文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 起こし——1(30〜31ページ掲載)
破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の岩盤が改革を止める
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 起こし——2(32〜33ページ掲載)
飯島勲 首相秘書官が語る 小泉政権はこれからが正念場
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第1章(34〜37ページ掲載)
沖縄でも貫かれた官邸主導 基地という名の利権を壊す
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第2章——1(38〜41ページ掲載)
最後の聖域 官僚システム
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第2章——2(42〜45ページ掲載)
“民の代表”が気づいた官解体の限界
特集 破壊神の退場 ポスト小泉リスク 「官」の 第3章(46〜49ページ掲載)
チルドレンに見る小泉後への不安
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24