日経ビジネス 2006/06/26号

時流超流・トレンド 深層
福井ショックでも変わらぬ信念 それでも日銀は利上げする

 福井俊彦日銀総裁による村上ファンドへの1000万円拠出が明らかになったことで、日銀が早期に利上げ(ゼロ金利解除)に踏み切ることは難しくなったとの声が強まっている。 窮地に追い込まれた福井総裁にとって、唯一の支えは任命者でもある小泉純一郎首相。「借り」ができた日銀は、小泉政権が嫌がる利上げを実施できないとの見方が、新聞各紙でまことしやかに報じられている。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1787文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
M&Aコンサルティング
日本銀行
update:19/09/24