日経ビジネス 2006/06/26号

心と体 診察室 パーソナルライフ
悪い歯ぎしりの見分け方

 歯磨きなどの口腔ケアをきちんと行っていて、虫歯や歯周病がないにもかかわらず、歯が一部欠けたり、歯と歯茎の境目が削れたり、知覚過敏や部分的な骨吸収(歯を支えている骨が溶けてなくなること)が見られる人がいる。 最近、これらの多くに、歯にかかる大きな力、特に睡眠中の歯ぎしりが関係していることが分かってきた。(77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1279文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/24