日経ビジネス 2006/07/03号 別冊

特別編集版 経営の新常識 攻めのブランド構築 特集●ブランド進化論 大競争時代の最新売
ブランド大家が放つ直言 片平 秀貴 氏[丸の内ブランドフォーラム代表] 「おもてなしの心」がブランド力の原点  辣腕クリエーターが鳴らす警鐘 岡 康道 氏[タグボートクリエイティブ・ディレクター] 止まらぬブランド短命化 我慢と勇気の均衡を取れ

 2000年頃、日本企業の多くが「コーポレートブランド室」とか「ブランド統括室」といった名称の部署を立ち上げるのがブームになった。企業活動全般におけるブランドの重要性を再認識して真剣に取り組もうという動きが広がったことは大いに評価したい。だが、実際にブランド価値を高められたという成功例はあまり聞かない。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2945文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24