日経ビジネス 2006/07/03号 別冊

特別編集版 経営の新常識 攻めのブランド構築 特集●ブランド進化論 大競争時代の最新売
CASE STUDY 成長企業に学ぶブランド構築法●CASE:01 椒房庵 感謝の心配りと伝統、地場   3本の矢で後発の不利を覆す

 かつて炭鉱町として栄えた福岡県久山町は、のどかな田園風景が残る住宅地だ。博多駅からクルマで30〜40分ほども離れ、これといった名所があるわけではないこの場所に、地元客をはじめとして客足の絶えない店がある。 博多名産の「辛子明太子」を主に製造・販売する椒房庵(福岡県久山町、河邉哲司社長)が2000年にオープンした唯一の直営店、久山本店だ。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4216文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
椒房庵
update:19/09/24