日経ビジネス 2006/07/03号

時流超流・トレンド 株価が語る
味の素 アミノ酸依存から脱却なるか
証券コード(2802)

 味の素は、「選択と集中、そして拡大」を唱えた江頭邦雄前社長の下、M&Aを加速してきた。昨年6月末に新社長となった山口範雄氏も、この路線を引き継ぐ。今年1月に、仏ダノン・グループから中国の調味料メーカーであるアモイ・フード・グループを約273億円で買収した。 同グループは売上高が約100億円で北京や上海など中国9都市に販売拠点を持つ。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1361文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
味の素
update:19/09/24