日経ビジネス 2006/07/03号

合併の研究 企業
豊田通商 “脱自動車”もトヨタ式

 5月23日、中国・広東省の省都、広州市郊外。中国の自動車メーカーである広州汽車とトヨタ自動車の合弁工場に、両社のトップ、中央及び地元政府の要人が集まった。この工場で初めてとなる「カムリ」の生産開始を祝う式典に出席するためだ。 全世界で「カローラ」に次ぐ量販モデルであるカムリを作るこの工場は、トヨタの世界戦略の先行きを占う最重要拠点である。(66〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6107文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
豊田通商
トーメン
update:19/09/24