日経ビジネス 2006/07/03号

中小企業 倒産からの復活 フィーチャー
存在意義ある事業核に再生 取引先に事業継続を要望されるかが決め手

 「豆乳デザートという全く新しい市場を切り開いた意味で画期的だし、ここ数年間に発売された商品の中では最大のヒット商品だ」。コンビニエンスストア大手、ローソンのバイヤーがこう絶賛する商品がある。 宮城県角田市に本社を置く宮城製粉が2003年秋に発売した「豆乳花(トールーファ)」だ。(120〜123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6269文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
新愛知電機製作所
宮城製粉
update:19/09/24