日経ビジネス 2006/07/03号

技術フロンティア フィーチャー
携帯電話のセキュリティー 紛失時の不安を軽減
NTTドコモ、KDDI、ボーダフォン

 電話番号やメールアドレスなど、携帯電話に保存する情報は、増加の一途をたどっている。その中身も、仕事の相手などに関する情報のほか、電子マネーや定期券など、重要性の高いものが保存されるようになってきた。機密性の高い情報や個人情報が詰まった携帯電話の紛失は、大きな事故や損害につながる危険性をはらんでいるだけに、セキュリティー面に不安を抱く利用者も少なくない。(126〜128ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3563文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
KDDI
ソフトバンクモバイル
update:19/09/24