日経ビジネス 2006/07/17号

有訓無訓 人
無責任体質の温床となる 稟議制度を破壊せよ 荒井 伸也[オール日本スーパーマーケット協会会長、元サミット会長]

 日本人は、多元方程式を無理やり、一元方程式で解こうとする傾向があると思います。何か答えを出す時に、目先のことに左右されて結論を急ぎ、深く広い議論をしない。 例えば、「会社は誰のものか」という問いを耳にします。「会社は株主のものだ」と声高に主張する人もいますが、本来こういう問い自体がナンセンスです。所有権があるから好き勝手にしていいわけはない。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1402文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24