日経ビジネス 2006/07/17号

特集 脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ
脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ

 紳士服チェーン、はるやま商事が2000年11月から展開してきた都市型店舗「パーフェクト・スーツ・ファクトリー」。1万9000円と2万8000円(いずれも税抜き)の2つの価格に絞り込み、スーツの常識を裏切る安さを前面に押し出してきた。ツープライススーツ店はデフレ時代の象徴とも言える存在だ。 この4月、その最新店舗から1万9000円の商品が姿を消した。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3474文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ(26〜31ページ掲載)
脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ
特集 脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ 第1章(32〜35ページ掲載)
「経験も勘も要らない」 間違った安売りと決別
特集 脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ 第2章(36〜39ページ掲載)
トップダウンの荒療治 乱売許した体質変える
特集 脱デフレで始まる新価格競争 売れる値上げ 総論(40〜41ページ掲載)
CPO(最高価格責任者)はいますか?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24